愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


御在所岳(ございしょだけ)1212m

ガスガスの中から巨岩・奇岩が出現!

三重県三重郡菰野町と滋賀県東近江市の境にある標高1,212 mの山で、御在所山とも呼ばれる。鈴鹿国定公園の中に位置し、日本二百名山、関西百名山及び鈴鹿セブンマウンテンに選定されている。

花崗岩質が多く、太古に堆積した花崗岩が侵食により山肌に現れ、いろいろな形の巨岩・奇岩が見られるのが特徴である。中道登山道には「負ばれ岩」「地蔵岩」「立岩」、山頂付近には「大黒岩」と「富士見岩」、国見尾根には「天狗岩」と「ゆるぎ岩」がある。他に周辺には「石門」「きのこ岩」「鷹見岩」などがある。(Wikipediaより)


山行き日 2016年7月23日(土) ガス・ガス
山名 御在所岳(ございしょだけ)
登り口/場所 三重県菰野町(中道登山ルート)
標高 1,212 m
標高差 631m(累積標高: 773m)
距離 6.63km
時間 5時間46分(山行時間:3時間34分)
あてにならないお疲れ度 ★★★☆☆

【ルートタイム】<中道>9:55駐車場〜10:02中登山道口〜10:04中道登山口10:06〜10:30おばれ石10:50〜10:51地蔵岩10:57〜11:02キレット〜12:03富士見岩12:10〜12:12第一ケルン〜12:19御在所山上公園駅12:48〜12:55第一ケルン〜12:58御在所山上公園駅〜13:13御在所山 一等三角点13:57〜14:09御在所山上公園駅〜<一の谷新道>14:16大黒岩〜14:23鷹見岩14:35〜15:34中登山道口15:36〜15:41駐車場
R477沿線にある中道ルート前駐車場は満車だったので、路肩につくられた駐車場に入れました。

中道ルートの登山口を目指します。

 

一旦、下ります。

 

そして登り返します。

 

ここが登山口のようです。

 

前には地元のスポーツクラブのメンバー26名と引率の指導員が数名いらっしゃいます。子供たちは幼稚園児から1〜2年生の児童とのことでした。

ちょうどロープウェイの下あたりです。

 

登山道はガレてきました。

 

花崗岩がゴロゴロ出てきました。

 

どうも、あそこを抜けるらしいですね。

 

回り込めば、皆さんが休憩をとられていました。

 

巨岩…と思って見上げましたww

 

足元には「おばれ石」とのことです。

 

岩を登っていきます。

 

進みます。

 

岩の上に登っても眺望はありませんww

 


ガスはとれません(^^;;

 

どうされたのでしょうか?

 

また登場です。地蔵岩らしいです。横から眺めました。

 

当然ですよね。

 

正面からは、こんな感じ。

 

ナギが登場。

 

下からガスが上がってきます。

 

キレットと呼ばれる場所でしょうか?それほどのではありませんが…

 

コルまで下りて登り返します。

 

回り込んで進みます。

 

見晴らしの良さそう場所ですが、今日は御覧の通り。

 

これを登り切れば…

 

富士見岩だそうです。

 

主から情報収集。

 

頂上へ向け出発します。

 

遊歩道となっていました。

 

第一ケルンだそうです。

 

ロープウェイのレストハウスを目指します!

 

目的は、これでした(^^♪

 

しばし休憩したので山頂へ。

 

ガスの中でも大勢の登山客がいらっしゃいます。

 

すすみます。

 

レストランから焼き肉の匂いが漂います。「喰いたい!」

 


ゲレンデを登り切れば…

 

頂上に到着!

 

では、記念撮影をww

 

近くの東屋で「山めしランチ」

 

今日は「肉じゃが」です。パッと見、犬の餌にも見えますが…(^^;;

 

下山開始です。

 

下りは「一の谷新道」を使います。

 

ところが、とんでもない激下りのルートでした。

 

慎重に下りて行きました。

 

巨岩が登場しました。

 

↑ですって

 

激下りは続きます。

 

登りには使いたくはありませんね。

 

晴れていないので、スルーします。

 

激下り…飽きてきました。

 

きのこ岩ですかぁ?

 

下ります。

 

やっと入口にたどり着いたようですww

 

御在所山の家…らしいです。営業はされていないようです。

 

国道に出てきました。

 

はーい!到着

 

国民宿舎「湯の山ロッジ」で入浴!いい湯でした(^^♪ 眼下に流れる川のせせらぎが心地良かったです♪
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system