愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


鈴鹿山系の仙ヶ岳

1000m未満の山でも冬は厳しい状況

関西の山仲間からお誘いがあって鈴鹿山系の「仙ヶ岳」へ。この時期は山ヒルはいないから、ついついOKしたが、登山道には雪が凍り付いて歩きにくく、結構、時間がかかった。
だが、山頂からの眺望は素晴らしく、伊勢湾越にみえるアルプスは今年の夏山を誘い込む雰囲気を醸し出していた。


山行き日 2016年2月7日(日) はれ
山名 仙ヶ岳(せんがだけ)
登り口/場所 三重県鈴鹿市(小岐須渓谷)
標高 961m
標高差 693m
距離 9.6km
時間 6時間36分(小休止、ランチ含む)
あてにならないお疲れ度 ★★★☆☆

【ルートタイム】9:20小岐須渓谷キャンプ場−10:24登山口−10:40仙鶏尾根分岐−11:35仙鶏尾根乗越−12:22仙の石−12:39仙ヶ岳山頂12:45−13:09小社峠−13:45ランチタイム14:15−14:51仙鶏尾根分岐−15:56小岐須渓谷キャンプ場

小岐須渓谷キャンプ場駐車場

 

トイレあります。綺麗です

 

本日は、このオヤジ3名で登ります

 

通行止めの林道を歩きだしたら、すぐに湧き水がありました

 

ワイワイガヤガヤ登ります

 

景勝地であっても、今日は行きません

 

通行止めの理由がこれです

 

もくもくと登ります

 

結構、倒木が多いです

 

こんな看板もあります

 

雪が出てきました

 

宮指路岳分岐通過

 

雪は凍っています

 

登山口がわかりません

 

こっちのようです

 

渡渉します

 

仙鶏尾根分岐。仙鶏尾根を目指します

 

雪はさらに深くなってきました

 

登山道は間違いないようです

 

もっと雪があったら、めちゃ怖いです

 

滑らないように登ります

 

尾根が見えてきました

 

仙鶏尾根乗越に到着。風が強いです。体温が奪われます

 

乗越から進むと、こんな案内が…

 

もっとキツイ場所もありました

 

見た目は緩いですが、キツイです

 


展望地に到着。東峰でしょうか? 御在所岳と鎌ヶ岳 が見えます


四日市の市街から名港も

 

西峰を目指します

 

仙の石手前で振り返ります

 


仙の石

 


仙ヶ岳の山頂

 


遠くに恵那山(中央)、その左に中ア、右には南アが見えます

 


鎌ヶ岳、御在所岳、雨乞岳

 

山めしランチの場所を探して下山します

 

雪は深いので、足を取られます

 

小社峠まで下りました

 

風の弱い場所を探します

 

沢沿いで「山めしランチ」本日は質素にカップヌードル

 

仙鶏尾根分岐まで戻りました

 

林道を黙々と下ります

 

ラストが近づくと、気が緩み始めます

 

到着! もう車は我々と数名の方だけになっていました
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system