愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


荒峰山(あらがみねやま)

熊笹漕ぎの先には女岩が待っていました!

上矢作の風力発電の風車が並ぶ「風の森」。ここには大船山がそびえているが、その奥に「荒峰山」がある。山頂までは藪漕ぎを強いられると言われ、どの程度の藪漕ぎかを体験したく訪れてみた。距離は短いものの、熊笹が背丈以上あり、潜り抜けぬのも一苦労した。また、女岩と言われる奇岩があり、そこまでの目印となるテープが存在した。


山行き日 2016年4月3日(日) くもり
山名 荒峰山(あらがみねやま)
登り口/場所 恵那市上矢作町(風の森)
標高 1271m
標高差 52m
距離 2.76q
時間 1時間5分(休憩含む)
あてにならないお疲れ度 ★★★☆☆

【ルートタイム】10:00林道ゲート〜10:07登山口〜10:19荒峰山10:23〜10:41女岩10:42〜11:00登山口〜11:05林道ゲート

 

暗井沢林道を通って「風の森」まで来ました。

 

バイオトイレの前には大きな駐車場があります。が、どんどん林道を詰めます。

看視舎を通過します。

 

アライダシ原生林の駐車場が右にあります。舗装はここまで。

 

荒れた林道を詰めてきました。そして最終のゲート。ここまで大変でした。

ゲートを抜け、林道を進みます。ここからがスタートになります。

 

三又まで来ました。

 

案内板かと思いきや、林班の標識でした。

 

情報では左折し、しばらくすると案内板があるとのことでした。

 

そうそう、この案内板です。三又から150mぐらい来た場所です。

 

取り付きます。

 

進むと、熊笹が登場!刈り払われており想定していたより楽に歩けます。
目印となるテープもあります。

今度は樹林帯へ入ります。

 

目印となるテープは女岩へ導いています。

 

山頂へは、この辺りから登らないとダメのようです。登ります。

 

尾根に上がった途端、濃い熊笹が行く手を阻みます。掻き分けて進みます。 尾根に上がってから50〜60m熊笹漕ぎを強いられ、山頂に到着しました。名称が入ったのは唯一これだけ。

足元には三角点がありました。

 

山頂はこんな感じです。

 

来たところを戻ります。

 

笹が顔にあたると痛いです。

 

ここを下りれば山道に戻れます。

 

折角なので女岩へ行ってみます。

 

テープを辿ってきましたが、笹で踏み跡が分かりません。

 

進みます。

笹の薄いところにでますと「ほっと」します。

あとどれぐらいで到着なのでしょうか?

 

なにか岩が見えてきました。あれが、そうなのでしょうか」?

 

当たり!

 


なるほど! 頑張って来た甲斐がありました。

 

上に登ってみました。普通の岩ですww

 

天候が怪しいので名残り惜しいですが撤退します。

 

先ほど登頂した荒峰山が見えます。

 

樹林帯を通過。

 

登山口に戻りました。

 

林道を歩きます。

 

ゲートに到着です。

 

【ここからおまけ】

荒れた林道を下ります。

雨が降ると川のようになるのでしょうね。

 

はめたら抜けだすのに大変です。

 

うまく抜けられそうです。

 

ホッと一息。アライダシ原生林駐車場まで戻りました。

ここからは舗装された林道です。


林道からの眺め。恵那山方面ですが、雲で分かりません。

 

奥三河の茶臼山方面ですが同定できません。

 

東濃の天狗森山方面です。

 

本日の山めしランチ。

寿がきやラーメン。具材はロースハム、ゆでたまご、きざみネギ。

完成!

途端に雨が降り出しました。撤収し車の中で食しました。

本日も足助町の百年草でお風呂に入ります。

 

正面が玄関。

 

フロントで200円払い湯へ。温泉ではありません。 さて、帰ることにしますか!
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system