愛知の低い山を適当に散策。低山でも気分はyo-ho ―――!


富士見台〜神坂山〜千両山 笹原の中を縦走

梅雨の真っ最中だけに虫の多く困惑 (^^;)

眺望が素晴らしい…みなさん異口同音に言われる。そこで梅雨の中休みを見計らって富士見台、神坂山、千両山の3座制覇を企んだ。

富士見台へは「ヘブンスそのはら」から上る人が多いが、この時期はロープウエイが休業中。今回は神坂峠(1569m)まで車で一気にのぼり、そこから3座を目指した。

前日の雨で笹に雨水が残り、ズボンは濡れっぱなし。そして考えもしなかった小さな虫がまとわりついてくる。これには些か参った。


画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
山行き日 2012年6月28日(くもり)
山名 富士見台(ふじみだい)
神坂山(みさかやま)
千両山(せんりょうやま)
場所/登り口 岐阜県中津川市 神坂峠
標高

富士見台…1739m

神坂山…1684.2m

千両山…1690m(諸説あり)

標高差 167m
距離 6.41km
時間 3時間48分(休憩含む)
あてにならないお疲れ度 ★★☆☆☆

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
【ルート】8:36神坂峠駐車場−8:36富士見台登山口−神坂峠−9:12神坂小屋−9:21富士見台山頂9:54−10:06神坂小屋−10:10落雷遭難の碑−10:27神坂山−1038萬岳荘11:22−駐車場横−11:34恵那山登山口−11:57千両山−12:16恵那山登山口−12:20神坂峠駐車場
 ■長野県阿智村側にある神坂峠駐車場に停める。駐車している車は一台も無い。  ■さっそく出発準備をし、岐阜県中津川市側の登山口に向かう。
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
 ■一応、案内板で登山口等を確認。 ■岐阜県側の登山口から入山。富士見台まで1.8km、40分とある。このコースは「富士見台パノラマコース」と言うらしい。
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■神坂峠

 

■神坂峠を越え、山腹を回りこむ登山道を進む。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■切り開けた場所から笹原が目に飛び込んでくる。

 

■ふと南側を見ると、雲の彼方に恵那山が見える。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■中津川方面はガスの中。視界不良状態。

 

■富士見台方面も薄っすらガスが掛かっている。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■ササユリが咲くらしい。

 

■おぉ〜草原みたいだ。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■山頂まで600m。じゃあ峠から山頂まで1.7kmとなる。登山口の案内標識の距離と1km違う。まぁ、いいっかぁ♪

 ■樹間から神坂小屋が見えた。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■なんと二棟もあるが、トイレは左しかなかった。

 

■あの小高い丘が山頂か?

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■どうも、あれが山頂のようだ。

 

■富士見台山頂。360°のパノラマだが今日はガスでさっぱり。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■富士見台山頂から恵那山を眺める。やっぱり、一度は登らないとイケないわなぁ。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■山頂にある案内板。そろそろ新調した方がイイかも(笑)
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■山頂から見た御嶽山。霞んで雄姿が見えない。右には乗鞍岳も薄っすらと…

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■見えない中央アルプス、そして南アルプスの山々に「カンパーイ」♪♪ しかし、虫が多過ぎ。耳の穴に入ってきて「ぶんぶん」言っている。今度は口の中にも… わーぁ、ビールと一緒に呑んじゃったよぉ(トホホ)

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■さぁ、目の前に見える「神坂山」へ向かうことにする。

 

■笹の原っぱを進む。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■天気が良ければ最高の気分だろうなぁ〜 ■途中、落雷遭難の碑があった。確かに周辺には逃げるところが無い。災難に遭われた方々にご冥福をお祈り
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■おぉ〜ガスが上ってきた。ホワイトアウトするだろうか? ■ホワイトアウトにも遭わずに萬岳荘分岐に到着。直進し神坂山山頂を目指す。
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■山頂に到着。わ〜ぉ、虫が…口の中に入ってくる。 ■三等三角点(点名:神坂山)に、お決まりタッチし、急いで萬岳荘へ下りることにした。
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■分岐から下りると今度は針葉樹林へ。ここには虫は居ないだろうと期待。だいぶ減ったが、それでも少しは居る。  ■萬岳荘に到着。虫は少ない。助かった!
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■ちょっと早いが、ランチに。手作りおにぎりで腹を満たし、澄んだ空気で肺を洗浄。そしてビールで、またカンパーイ♪

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■貸切の萬岳荘テラス。ランチを終え、次へ向かうことにする。 ■林道を歩いていると、こんな看板が。で、足元をみると雑草があった。
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■iPhoneの花しらべAppによれば「キツノボタン」と言ってきた。 ■これは「マサキノカズラ」と言ってきたが、「シロツメクサ」と彼女が指摘(笑) Appに騙された(笑)
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■神坂峠の恵那山登山口から千両山を目指す。

 

■雲は依然として沸きあがってくる。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■あれが頂上だろうか? ■どうもここが千両山の山頂のようだ。恵那山方面と富士見展望台への分岐となっている。虫は依然として飛び交っている。
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。

■恵那山の雄大さが分かるが、ちょっと雲で残念。

 

画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■ヘブンスそのはら方面を眺める。全く視界が悪い。 ■山頂から恵那山までは6kmかぁ。遠いなぁ(笑) 後ろは富士見台。標高は同じぐらいだ。
画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。 画像あります。リロードしてください。FC2はなかなか落ちてきません。
■また同じルートを辿って神坂峠駐車場へ戻る。 ■神坂峠。ここまで戻ったら虫は居なくなった。
inserted by FC2 system